顔汗を止めるならこのサイト|化粧崩れ防止

顔汗を止めるならこのサイトをチェックしましょう。化粧崩れを防止しよう。
MENU

更年期障害と顔汗との関連

せっかくバッチリとメイクをしても、顔から噴き出す汗で台無しになることが
あったりして、いつもきれいでいたい女性としては、できればあまり汗は
かきたくないという思いがありますよね。

 

女性の場合、更年期障害の一種にホットフラッシュという現象があります。
これはまさに突然汗が噴き出るというものです。

 

 

◆そもそも更年期障害って何?
女性の生理は年齢を重ねると終わります。その頃を更年期と呼び、この時期に
心身にとって不快な変化がいろいろと現れます。こういった異変全般の総称が
更年期障害です。

 

なぜ更年期にこういった異変が現れるのかというのは、女性ホルモンの
エストロゲンが関係しています。卵巣の働きが若い頃と比べて悪くなり、
女性ホルモンの均衡が乱れることによって自律神経のバランスも崩れて
しまうためです。

 

 

◆顔汗が更年期障害から受ける影響
更年期のホルモンの均衡の崩れが汗を出す働きに障害を発生させ、正常に
働かなくさせてしまいます。

 

顔があつくなり汗が噴き出る現象であるホットフラッシュは上記で述べましたが、
これはエアコンなどで周りの温度を下げたからといって軽減することがない、
すなわち気温に関係なく起こるものだというところが厄介です。

 

ホットフラッシュなど身体的に表れる不調以外にも、更年期障害は心の状態も
不調にします。細かいことにでも過敏に反応し、いちいちカチンときて、
怒りっぽくなるケースもあります。

 

さらに心がストレスに対して我慢できなくなってしまうレベルが落ちてしまう
ことによって、少しのストレスでも汗が出やすくなることもあり、
ホットフラッシュ以外にも更年期障害が汗に与える影響は多いといえます。

 

 

◆顔汗はどうやって軽減する?
女性ホルモンのバランスが崩れることによって発生するのが顔汗なので、
効果的だといえるのは女性ホルモンの欠如をサポートすることです。

 

しかし一説として、体でできる女性ホルモンの多さは生まれた時から既に
確定されていて、多くも少なくもならないと言われていますので、女性ホルモンは
体の外から摂取することが有効だといえるでしょう。

 

女性ホルモンはピルやホルモン注射などで調整できますが、独自で実行するのでは
なく、必ず病院で相談して、病院での方法に従うようにしましょう。そうでなければ、
逆にホルモンの均衡がさらに乱れてしまう可能性もあります。

 

そしてもう一つ対策として有効なのが大豆イソフラボンを代表とする
ホルモン様物質です。これは、女性ホルモンではなくとも、同じような作用がある
物質のことをいいます。

 

大豆イソフラボンがエストロゲンと同じような作用を身体に与えてくれるのは、
エストロゲンに構造が似ているためであり、そのおかげで更年期障害対策に有効に
働いてくれるのです。

 

それ以外には、漢方、ライフスタイルの見直し、鍼へ通院、なども
女性ホルモンの均衡を整える方法として挙げられます。
しかし、ホルモンを補うという更年期障害改善方法はダイレクトに身体に
作用しますので、一番の改善策になるといえるでしょう。

 

 

このページの先頭へ